さつまいもカンパニーの取り組みプレゼン@いも類研究会

さつまいもカンパニーの取り組みについて、いも類研究会でプレゼンさせていただきました。

基本的な自己紹介から始まり、さつまいもに興味を持ったきっかけ、なぜ自分がさつまいもエバンジェリストとして活動するのかをまずはご説明。

次に、3年間の「さつまいもストア」で、どのように販売を行ってきたのか、その工夫などをお話させていただいた上で、会社として今後の展望について語らせていただきました。

・新しいニーズや顧客層の開拓を目的としたオンラインショップ「さつまいもストア」
・消費者とのリアルな接点をもつ場所、さつまいもの可能性提案を行う「さつまいもカフェ」
・海外に日本のさつまいも文化を広げる「さつまいも商品・サービスの海外展開」

研究会のメンバーの方もおっしゃっていましたが、さつまいも業界として次にあげる仕組みづくりが必要かなと思っています。

・定性的なものではなく定量的な分析に基づいたプロモーション活動
・消費者を巻き込む仕組みとして「さつまいもマイスター認定講座」

他の人の話も聞いていて、皆さん問題意識は一緒だと思いますし、いろいろ取り組みたいという気持ちがあるのはわかりました。
ただ、リスクはありますし、結果が見えにくい取り組みであるので、なかなか実行に移すのが難しい。ここは、リスクをとって事を進めるリーダーシップが必要だなと感じました。

とりあえず第一歩として、いも類研究会でお話できたことは有意義な経験となりました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください