エピゲノムと生命 奥深い遺伝の仕組み

DNAに記録されている情報だけでは決まらない遺伝子発現の仕組みを扱う「エピジェネティクス」の分野を解説した本です。 例えば三毛猫のクローンを作った場合、同じDNA(遺伝子)構造なはずなのに同じ模様にはならない。 つまり毛...

もの食う人びと 人間にとって食べるとは

いささか古い本で恐縮ですが、大学生時代に読んで、非常に影響を受けた本です。 この本は、私が食について考えるようになったきっかけの一つであります。 東南アジア、中東、ドイツ、ロシアなど、その当時(90年代半ば)に諸問題があ...

黙示 日本の農業について語る前に読もう

真山仁氏、渾身の作だと思う。 日本の農業をとりまく、TPP・農薬・フードセキュリティ・遺伝子組み換え食品など様々な話題が満載で、日本の農業の未来の姿を考えさせられる内容です。 たぶん自由貿易や遺伝子組み換えについては、鎖...

さつまいもGoなんてどうでしょう?

先週末、DMM.make AKIBAで行われた農業IoTハッカソンに参加してきました。 有識者からのインプットを得て、各自アイデア出し→投票、からの気になったアイデアのもとに集まった人たちでチームビルディング。 初めて会...

これからの干し芋産業を考える

先週土曜日に女子栄養大学駒込キャンパスで開催された、いも類研究会主催のさつまいも産業振興研究セミナーに参加してきました。 今回は「干し芋産業を考える」というテーマで、 幸田商店・鬼澤宏幸社長による「干し芋ビジネスの最新事...

さつまいもとディープラーニングをつなぐ

Googleのブログに農業×AIの取り組みが紹介されていました。 記事中にある「農家はおいしい野菜を作ることに時間をかけたい。」というのは本質だと思います。実際に収穫以降の作業は、手間のわりには付加価値がないところで、自...

日本一焼きイモ好きのさつまいも生産者

さつまいも生産者さん紹介シリーズ第2弾。 現代農業2012年2月号に日本一焼きイモ好きとして紹介された渋谷俊雄さんです。 茨城県行方市で紅赤や紅あずまを中心に生産されています。 今まで見てきたさつまいも生産者さんは、蔓切...