事業

これからの干し芋産業を考える

先週土曜日に女子栄養大学駒込キャンパスで開催された、いも類研究会主催のさつまいも産業振興研究セミナーに参加してきました。 今回は「干し芋産業を考える」というテーマで、 幸田商店・鬼澤宏幸社長による「干し芋ビジネスの最新事情」 おいもや・関谷夕佳社長による「干し芋販売を考える」 の講演が行われました。 干し芋ビジネスの最新事情 干し芋を健康食品として八百屋さんではなくドラッグストアーで販売し、健康食 […]

さつまいもの新商品開発によって検証したい仮説

さつまいもの需要拡大対策について、農林水産省から事業内容について事前に問い合わせを受けた中から、弊社の考えや仮説について知っていただけそうなものを、ここにも書いておこうと思います。 Q1. ペースト状に加工したものをもち米粉等と練り合わせ揚げ物とし、冷凍して販売するとなると国産としての特徴がだせるのか。 A1. 昨今、国内において、ムラサキ芋を使った製品をいくつか見かけるが、品種にまで言及して販売 […]

食品小売店の戦略としてプライベートブランドに取り組むべき

ここ数年の間、大手コンビニや食品スーパーがプライベートブランドに力を入れているように、小規模の食品小売店舗であっても製造小売を手掛けることを目指した方が良いと感じています。 やはり、流通を通して卸してもらった商品には粗利に限界がありますし、差別化も難しいです。 小さくてもプライベートブランド 多くのプライベートブランドがそうであるように、商品の中身自体はメーカー品とほぼ同じであっても、パッケージや […]

六次産業化の取り組みの多くが失敗する理由

5月にブログの更新がぽっかり空いていましたが、その理由は農林水産省の外食産業等と連携した農産物の需要拡大対策の補助金に申請するため、申請締切日直前まで書類作成に追われていたからでした。 このような申請が初めてだったので、勝手がわからないことだらけで、いろいろな方に助けていただきました。本当に様々な出会いに多謝です。 さて、言い訳を兼ねて書いておきますと、私は補助金の類いが嫌いなのと、事業はリスクマ […]

さつまいもカンパニーのビジョンとミッションについて

さつまいもカンパニーのビジョン(目指すこと)とミッション(やること)を再定義しました。 設立記念イベントでめに自分の半生を振り返り、改めて自分が農業に対して抱いていた思いを再認識し、それをさつまいもを通じて実現しようとしていたことに気付きましたので、それを反映したものになります。 ◆ビジョン◆ さつまいもによる人々の生活の質の向上と社会および環境の課題解決を目指します ◆ミッション◆ 1)さつまい […]