TOP

さつまいも×テクノロジーで
持続可能な発展を実現する

Integrating sweet potatoes and technology for sustainable development.

食糧、エネルギー・資源および環境という今後の世界三大問題に対し、同時並行的な解決を実現できる作物として、サツマイモに注目し、その生産・加工・消費にテクノロジーを活用することで、人類の持続可能な発展を実現します。

ミッション

さつまいもバリューチェーンにテクノロジーを活用する
Utilizing technology in the sweet potato value chain.

サステナブルでスマートなサツマイモ栽培を普及する
Promoting sustainable and smart sweet potato farming.

事業内容

さつまいもファーム

  • サツマイモの栽培および販売
  • サステナブル&スマートなサツマイモ栽培(3S農法)の開発、普及

環境負荷の軽減と品質や収量安定化・効率化の両立(環境および経済的持続性の両立)させるサツマイモ栽培を実践しながら開発し、その普及を行います。

さつまいもショップ

さつまいもカンパニー公式ショップです。おいしいこと、幸せな気分になれること、ヘルシーであることを重視した、さつまいも青果、さつまいも加工品、さつまいもグッズを販売しています。

お知らせ

メンバー紹介

代表取締役

橋本 亜友樹

神戸大学大学院 自然科学研究科 植物資源学修了
グロービス経営大学院 経営研究科 経営学修了(MBA取得)

一般社団法人さつまいもアンバサダー協会 代表理事
日本いも類研究会 事務局長補佐
サツマイモまんが資料館 副館長

経歴

1978年1月、兵庫県尼崎市生まれ。神戸大学農学部、神戸大学大学院自然科学研究科にて植物育種学を専攻。
新卒でシステムエンジニアとして外資系SI企業に入社する。その後、ITコンサルティング会社に転職。基幹システムやWebサービスの構築、業務改善に携わる。
2012年に独立し、システム開発・プロジェクトマネジメントと農産物通販事業を展開する。経営の傍ら、グロービス経営大学院に通学し、2015年に修了(MBA取得)。
2015年8月にさつまいもカンパニー株式会社を設立し、現在に至る。

詳細な経歴や活動実績については、さつまいもオタク 橋本亜友樹 のサイトをご覧ください。

メディア出演等

  • 北海道テレビ イチオシ 「焼き芋特集」(2020年)
  • 朝日小学生新聞 朝小はじめてのしんぶん 「さつまいものひみつ」(2020年)
  • BUZZ MAFF 「さつまいも大好きチャンネル」(2020年)
  • AbemaTV Abema Prime 「スマート農業特集」(2019年)
  • FM FUJI Action! 企画コーナー(2018年)
  • NHK あさイチ 「もっと大好きに!さつまいも」(2018年)
  • ニッポン放送 知識出会い系番組 アイドル・マジナレッジ 「さつまいも学」(2018年)
  • 文化放送 玉川美沙ハピリー 企画コーナー (2016年)


顧問

山田 英次

サン文化企画研究所 代表
川越いも友の会 事務局長
川越サツマイモ商品振興会 事務局スタッフ
日本いも類研究会 幹事
一般財団法人いも類振興会 評議員
サツマイモまんが資料館 館長

経歴

1952年(昭和27年)2月生まれ、川越生まれの川越育ち。
川越市役所にて主に教育委員会で公民館事業を担当。ふるさと再発見として、昭和57年より「さつまいも大学事業」を企画開催し、昭和59年に市民グループの「川越いも友の会」を設立。「サツマイモで川越のまちおこし」となり、川越観光活性化の要因となる。
平成元年4月にサツマイモ資料館を起ち上げて、3年間館長を務める。
日本いも類研究会にて「2011年国際焼き芋交流フォーラム」の企画開催や、年3回ほどの「サツマイモ研究セミナー」企画開催等を担当している。

著者物等

  • 川越いもQ&Aガイド:昭和62年
  • 小江戸川越おいも探訪:平成8年
  • 紅赤の100年:平成9年(共著)
  • ニューさつまいも物語:平成3年
  • 焼き芋小百科:平成17年(共著)
  • さつまいも再発見(紅赤110年企画・DVD約30分):平成20年
  • 焼き芋実用本”焼きいもが好き!”:平成27年(共著)

会社情報

名称 さつまいもカンパニー株式会社 (Sweet Potato Company Inc.)
代表橋本 亜友樹
所在地〒120-0034 東京都足立区千住2丁目16-3 興伸ビル
電話番号03-5284-8540
FAX03-5284-8541
事業内容サツマイモの栽培および販売
サツマイモの次世代農法(サスティナブル&スマートなサツマイモ栽培)の開発、普及
設立日2015年(平成27年)8月
所属団体さつまいもアンバサダー協会
日本いも類研究会
川越サツマイモ商品振興会

お問い合わせ

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    貴社名

    電話番号

    題名 (必須)

    お問い合わせ内容 (必須)

    ソーシャルメディア

    8月1日を持ちまして、弊社は無事第7期を迎えることができました。これもひとえに皆様方の日頃のご愛顧の賜物と心より厚く御礼申し上げます。第7期目は「さつまいも×テクノロジーで持続可能な発展を実現する」をビジョンとして再定義し、これまでの活動をベースに弊社として取り組むべきことにフォーカスしていきたいと考えております。引き続き一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。 See MoreSee Less
    View on Facebook
    7月29日に埼玉県川越にてサツマイモ基腐病対策研修会を行いました。農研機構のマニュアルを改めてわかりやすくまとめ直した上で、サツマイモ基腐病およびその対策について解説しました。生産者さんを中心に20名強の方に来ていただきました。お役に立てたようでなによりです。土壌病害対策は「基本栽培技術の徹底」、「病原菌を持ち込まない、増やさない、残さない」、「自然防除効果を高める環境づくり」の3点につきると思います。サツマイモ基腐病の情報については、さつまいも情報センターのほうでも引き続き発信を行います。サツマイモ基腐病について生産者向け研修会を行いたい場合は弊社までお問い合わせください。 See MoreSee Less
    View on Facebook
    弊社は(サツマイモを中心とした)日本農業の担い手となれるように、現在手続きを進めています。栽培だけではなく加工や販売にもこれまで以上に取り組んでいきます。近いうちに一緒に働いてくれる方を募集する予定ですので、さつまいもを愛する人はぜひご応募をご検討ください。#さつまいもは世界を救う を実現していきましょう。また、さつまいもを愛する人は皆仲間という思いから、今後、弊社の活動に関わりのある方は、区別なくさつまいもフェローと呼ばさせていただきたいと思います。引き続き、弊社や さつまいもアンバサダー協会と共創・協創したい人や団体も募集しておりますので、お気軽にお問い合わせください。をよろしくお願いします。#さつまいもフェロー #さつまいも See MoreSee Less
    View on Facebook
    やさい畑2021年初夏号はサツマイモに関して栽培方法、サツマイモ味比べ、品種についていろいろ載ってます。「すばらしい!日本の品種」のコーナーでは弊社も紹介されていました。ienohikari.net/press/yasai/ See MoreSee Less
    View on Facebook

    数年前に、サツマイモ産業振興ネットワーク構想と称して、産地間(特に九州と関東)の連携およびオールジャパンでの取組み、生産から消費のネットワーク化をいも類研究会のセミナーで提言し、できるところはコツコツと活動(協会設立)しつつも、自分の無力さを感じることが多々ありました。

    R2年度のサツマイモに関するデータが出てますが、鹿児島と宮崎の収穫量の減少えぐすぎる。鹿児島は特に。その分、茨城県が気を吐いてる。
    https://www.maff.go.jp/j/seisan/tokusan/imo/r2shiryou.html

    「サツマイモ基腐病」対策のポイント -降雨後の排水対策と薬散- https://youtu.be/zZyn10d0l2Y @YouTubeより

    「サツマイモ基腐病」対策のポイント -初期発病株の抜き取りと消毒- https://youtu.be/cWcPheG6aQU @YouTubeより

    事務局を務めている日本いも類研究会と日本かんしょ輸出促進協議会、一般財団法人いも類振興会との共催でサツマイモ基腐病に関する情報交換会を開催します。
    ご関心がある方はぜひご参加ください。
    https://www.jrt.gr.jp/motogusare202108/
    #サツマイモ基腐病 #基腐病

    Load More…